弁護士に依頼・相談

任意整理の心得

任意整理は弁護士に依頼すべきなのか?

任意整理は、借金返済が困難な人が行う債務整理のひとつです。
借金の内訳を明らかにし、過払い金がないかなどを細かく確認、そして無理のない返済計画を交渉するという手段です。
この任意整理ですが、弁護士が必要になるのでしょうか?任意整理では、まず最初に複数の貸金業者に借金の支出の開示を請求する事になります。
さらに、利息の減額などをするわけですが、借金を抱える本人が、直接業者を話し合う事は不可能に近いでしょう。
そこで、弁護士に依頼するということになるわけです。
債務整理に長けた人であれば、テキパキと貸金業者と話を進め、問題を解決してくれることになります。
さらに、何よりも注目すべきなのは、督促が止まることでしょう。
債務整理を依頼した時点で、交渉窓口や連絡はすべて弁護士ということになります。
つまり、取り立ての恐怖や大きなストレスから解放されるともいえるでしょう。
費用はかかりますが、それだけの価値はあるのです。

任意整理は弁護士に相談しよう!

借金問題を抱えている場合には弁護士に相談することによって解決できることがあります。
借金問題を解決する方法を債務整理と言いますが、その中の1つに任意整理があります。
この方法は弁護士などの専門家が賃金業者と返済の回数や金額などを交渉し返済できやすいようにする方法なのです。
賃金業者の中には利息制限法を超えた金利で利息を請求している業者も多かったため、そのような場合には利息を支払い過ぎていることになります。
その場合には払いすぎた分を返金してもらったり、借金を減額してもらう事ができるのです。
任意整理は賃金業者と弁護士などの専門家が交渉するので裁判所は一切関わってこない方法です。
自己破産したくない、借金の金額がそれほど高額ではない場合などに利用されている方法です。
任意整理は専門的な知識が必要となるため自分で行う事はせずに専門家に相談した方が安心です。
最近では無料で相談を受け付けている事務所も増えているのです。


COPY RIGHT (C) 任意整理の心得 ALL RIGHT RESERVED