任意整理と保険

任意整理の心得

任意整理を選択すると保険を解約する必要があるのか

借金の返済が困難になった場合に債務整理をして負担を軽減することが出来ます。
しかし返済の負担を軽減出来るというメリットの代わりに、デメリットとなる点もあることを認識しておかなければなりません。
債務整理の中でも最も多くの人が利用する任意整理では、借金の額を大幅に減らすことが出来ない反面、デメリットも少ないと言えます。
任意整理とは利息の引き直し計算をしたり返済方法を見直したりしますので、基本的に現在の借金をそのまま継続して返済して行きます。
そのため持っている財産などに影響はありませんので、加入している保険に関しても掛け捨てタイプはもちろん、積立タイプの保険でも解約する必要はありません。
しかし債務整理でも自己破産や民事再生を選択すると、財産を手放す必要がある場合がありますし、保険に関しても掛け捨てタイプは影響ありませんが、一定額以上の解約返戻金が見込まれる積立タイプは裁判所から解約を命じられる場合があります。

任意整理と保険について

任意整理と保険の関係性について、議論が深まりを見せてきています。
任意整理とは言ってみれば、借入金の整理であり、消費者金融やクレジットカード会社などからの借入金を返済しやすく整理することであり、一般的にいえば、弁護士や司法書士などに依頼するケースが多くなっています。
一方において、保険は、人々の生活には、欠かせないものになっており、昨今でも多くの人が利用しているのが実態であります。
今般のインターネット社会を背景にして、弁護士事務所や司法書士事務所などは、任意整理について、ネット上で債務者にその存在を示す傾向も強まっており、話題を集めています。
中には、整理をするよりも、自己破産をして、債務をなくすということをすすめるケースもあるといいます。
債務者の資力や年齢、家族の協力の有無などの状況を総合的に勘案して決定するといわれます。
あくまで、保険とは切り離して考えられており、債務者の生活を守るという姿勢がうかがわれます。


COPY RIGHT (C) 任意整理の心得 ALL RIGHT RESERVED