結婚生活への影響

任意整理の心得

任意整理は結婚にどのような影響があるか

借金の返済に行き詰って任意整理を行っても直接結婚に影響する事はありませんが、間接的な影響はあります。
まず、金融事故を起こした事が個人信用情報機関に記録され、ブラックリストに載ったと呼ばれる状態になります。
5年間記録が残りますが、これは金融機関が参照する情報であるため、結婚相手に知られる事はありません。
しかし、今後の影響を考えた場合、記録がまだ残っている状態であれば説明しておいた方が良いです。
ブラックリストに載っていると金融機関から信用を得るのが難しくなり、クレジットカードやローンの審査に落ちやすくなります。
ただし、個人信用情報機関の記録は家族で共有されるものではないため、夫、または妻だけが任意整理を行っても、相手の信用情報を損なう事はありません。
ブラックリストに載っている期間にクレジットカードやローンを利用したい場合、任意整理を行っていない夫や妻の名義であれば、収入などの利用条件を満たしていれば問題なく審査に通ります。

任意整理をすると結婚後の生活に影響はあるのか?

もうどうもできそうにないくらいに借金が膨らんでしまった場合には、任意整理をしてなんとか借金から逃れるという方法もありますが、それは以降のお金の使い方に大きな影響を及ぼします。
そして、その後結婚をした場合にはその結婚生活にも影響は及ぶのでしょうか?任意整理自体は、基本的にはそれをした本人の問題ですから、配偶者にその影響が直接及ぶということは通常はありません。
配偶者が今後お金を借りるときも自分名義で借りる場合には特に影響はないでしょう。
強いて言うならば、家とか車を買う場合には夫名義ではしばらくは買えない、ローンを組むことが不可能になってしまうことがあります。
夫名義で購入されるケースが多いかと思うのですが、それが不可能になってしまいます。
ただ、ずっと不可能ではなく、5年から7年くらいが経過すると任意整理の影響というのは消えますから、夫名義でのそういったものの購入が可能になったり、ローンを組むことができるようになります。


COPY RIGHT (C) 任意整理の心得 ALL RIGHT RESERVED